つくばARTクリニックの最新情報

子宮内フローラ検査を行っています

子宮内フローラ検査について

子宮内フローラ検査とは

子宮内はこれまで無菌だと考えられていましたが、2015年に米国ラトガース大学の研究者らが子宮内にも善玉菌が存在することを発見しました。2016年に米国スタンフォード大学のサイモン博士らが、子宮内フローラに乱れが生じると体外受精の結果が悪くなることを発見しました。

子宮内フローラが乱れ雑菌が増えると、子宮内膜で免疫が活性化し、受精胚を異物として攻撃してしまう可能性が指摘されています。

これまでの菌の検査では、染色できない菌や培養が難しい菌を検出することは困難でした。本検査では分泌物に含まれる全ての菌のDNA配列を短時間で調べることが可能となります。

検査対象

反復性胚着床障害(良好な胚を3回以上移植しても妊娠に至らない)の患者様

検査方法

子宮体癌検査用の細胞採取器具を用いて子宮内膜液を採取します。子宮内膜を採取する際に出血、痛み等を伴う場合もございます。事前に医師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。

検査の合併症

頻度は稀ですが検査を実施されるにあたり、考えられるリスクとして出血、子宮内感染、子宮穿孔等がございます。

結果について

結果が出るまでに2~3週間ほどを要します。検査結果によっては再検査が必要になる場合もございます。

検査の留意点

本検査を受ける臨床的意義はまた十分に確率されていないため、あくまで臨床研究という位置付けとなります。患者様のデータを本検査の研究データとして使用させて頂く場合がございます。予めご了承ください。

料金

50,000円(税抜)

検査をご希望の患者様は、医師または看護師までお申し出ください。

【凍結胚を保管中の患者さまへ】保管延長および破棄のお手続きはこちらよりお進みください。
婦人科問診票ダウンロード
不妊治療問診票ダウンロード
体外受精の手順
ドクター・スタッフ紹介
カウンセリングのご案内
アロマセラピーのご案内
不妊治療Q&A
医療法人 小塙医院 | 茨城県小美玉市
ページトップへ