体外受精の手順

採卵

体外受精は体外で受精させるので卵子を体外に取り出すことになります。経膣超音波(エコー)を使用し、卵巣にある卵胞に針を刺し、卵胞液ごと卵子を吸引します。そして、顕微鏡下で卵子を探します。

採卵した成熟卵子
採卵した成熟卵子

卵子と精子を受精させる

卵子と精子を受精させる方法には「体外受精」「顕微授精」の2通りがあります。

体外受精
卵子と精子を1つのシャーレの中に入れて培養します(媒精)。運動性の良い精子を一定の濃度に調整し、卵子と一緒に培養します。
体外受精の手順

顕微受精
特殊なガラスの針を使って精子を卵子内に直接注入します(右図参照)。顕微授精をICSI(イクシー)と言うこともあります。※顕微授精も体外受精ですが、区別するためにこのように言い分けます。
特殊な酵素を用いて卵子の周りについている卵丘細胞を取り除いてから、顕微授精を行います。

顕微受精の適用患者
  1. 精子の数や運動率が不良で、体外受精では受精の見込みが低いと予想される。
  2. 精子の数や運動率は十分なのに、体外受精で受精しなかった(受精障害)、または受精率が低い。
卵子を体外に取り出した後、受精しなければ体外受精はそこで中止になってしまいます。当日の精子の状態が不良である、調整後の精子が良くないなどの場合は、患者さまと医師との相談の上、顕微授精に切り替えることもあります。
受精卵の分割写真
受精卵の分割写真
採卵の翌日に受精確認をします。
  • 【day1】 受精した卵は『受精卵』と呼ばれます。
  • 【day2】 さらに採卵から2日目には細胞が分裂を始めます。分裂した卵は「胚」と呼ばれます。
  • 【day5】 順調に進むと、採卵から5日目に「胚盤胞(はいばんほう)」という状態になります。

胚移植(ET)

良好な胚を子宮内に戻します(胚移植)。当院では、初期胚移植または胚盤胞移植を行っております。通常は初期胚(day3)移植を行っていますが、反復不成功例や胚の状態などを考慮し、患者さまと医師との相談の上、胚盤胞移植を実施しています。

受精卵の分割写真

子宮頚部から細いカテーテルを入れ、胚を子宮内に戻します(上図参照)。採卵から胚移植までを「体外受精-胚移植(IVF-ET)」といいます。


アシステッド・ハッチング

卵子は受精したあと約5日目に胚盤胞になり、6~7日目には透明な膜(透明帯)から抜け出します。これを孵化(ふか)といいます。孵化した後、胚は内膜に着床します。

アシステッド・ハッチング

透明帯の一部を薄くすることで孵化を手助けする技術のことを、アシステッド・ハッチングといいます。透明帯が通常より厚かったり、胚を凍結すると透明帯が硬くなるとの報告があり、その場合にはアシステッド・ハッチングが有効だと思われます。当院では凍結胚移植の患者さまにすすめており、よい結果を得られています。


不妊治療(婦人科)・男性不妊(泌尿器科)・体外受精のことなど、お気軽にご相談ください。【TEL】029-863-6111【受付時間】9:00-12:00,14:30-16:30【休診】水曜、日曜、祝祭日
【凍結胚を保管中の患者さまへ】保管延長および破棄のお手続きはこちらよりお進みください。
体外受精の手順
ドクター・スタッフ紹介
不妊治療Q&A
つくばARTクリニックのブログ
医療法人 小塙医院 | 茨城県小美玉市
ページトップへ